私たちの仕事

note 01

東日本大震災からはじまった、陸前高田・遠野とのつながり

東日本大震災からはじまった、陸前高田・遠野とのつながり

2011年3月に発生した未曾有の大災害。そのとき私たちは普通に仕事をしていました。大変なことが起こっているというのに、何事もなかったかのように、納品のやり取りメールが飛び交ったのを覚えています。そんな中で、「仕事は止めて良いので、無事に帰宅してください」と電話をくださった、通販生活のIさん、忘れません。

大津波に続いて、福島の原発がメルトダウンし、近くのコンビニやスーパーからは食料が消え、このときをきっかけにして私たちの自炊ランチが始まりました。これは、今も続く習慣です。

あの震災はあらゆるものを撹乱していきながら、私たちに被災地エリアと関わるきっかけをくれました。

高田のひととひと ~気仙・高田でつくる、これからの暮らしと仕事

2011年3月の東日本大震災で、約1,800名の人々と市街地の七割以上を失った陸前高田。高田でこれからの未来をつむぐ魅力的な「ひと」たちの思いや活動を対談形式で紹介するインタビュー・サイトです。何度読んでも心動かされる言葉が記録されています。

hito.natsu-mi.jp

陸前高田 箱根山テラス

2014年秋「木と人をいかす」をテーマに 陸前高田にオープンした宿泊・ 滞在施設、箱根山テラスのWebサイトです。和洋あわせて全14室というシンプルで小さな宿泊施設ですが、施設のどこにいても光や風が自然の心地良さを運ぶように設計されていて、たいへん心地よく過ごすことができます。一人でも仲間とでも、何かをじっくり考えたい時になどに。企業研修にも。

hakoneyama-terrace.jp

遠野 クイーンズメドウ・カントリーハウス

クイーンズメドウ・カントリーハウス(QMCH)は、遠野盆地の北側に位置し、広葉樹を主とする豊かな森を抱える里山で馬たち(ハフリンガー種)を放牧し、有機農業を営む農業法人です。馬糞を肥料とした美味しいお米と交換で、5室の宿泊事業に必要十分なミニマム仕様でページの制作をさせていただきました。ランドスケープが本当に(立ちすくんでしまうほど)美しい施設で、これからさらにその存在価値が評価されていくことと思います。

qmch.jp
ページの先頭へ戻る
有限会社 グラム・デザイン