SDGsハンドブック みんなでつくる「森の未来地図」を制作しました
2020年8月25日

SDGsハンドブック みんなでつくる「森の未来地図」を制作しました


(公社)国土緑化推進機構からお声がけいただき、森づくり市民団体のみなさんに向けたSDGs入門ハンドブックを制作しました。

56ページのコンパクトな冊子ですが、21の事例と7つのSDGsで考えるコラム、17ゴールの解説など、森づくり市民団体のみなさんにお伝えしたい情報がぎゅっと詰まっています。

前半は、7つのテーマ毎に、日本各地の活動事例をイラストや写真と共にご紹介しています。関連するゴールのつながりについても解説を試みました。

  1. 賑わいワイワイ 街から森へ流れをつくろう
  2. 恵みをパクパク 森の力で食料自給率をアップ
  3. 誰もがニコニコ 森から始まる格差のない社会
  4. 学ぼうフムフム 学びを森からあらゆる世代へ
  5. 作ろうコツコツ 森のエネルギーは地産池消で
  6. 暮らしイキイキ 森からの循環で持続可能な暮らしを
  7. 未来にワクワク いのち育む森を次世代へ

後半は、持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールについて、2020年7月時点の最新の動向やデータと共に、短く分かりやすく解説しました。

冊子の最初にある絵地図には、「森でこんな営みが行われていると良いな」という声が映されていて、細部まで楽しめるイラストになっています。ときどき登場する可愛らしいオオサンショウウオ(OSUs)は、絶滅危惧2類の希少生物。森林を維持することができなければ、やがて絶滅してしまうかもしれません。

このお茶の間感ある可愛いイラスト群は人気イラストレーターの山中正大さんに、読みやすいテキストは、私の森.jpの編集部仲間、大和田瑞穂さんと高階經啓さんに担当いただきました。
事例集めや進行は、国土緑化推進機構の方々と、グラム・デザイン/私の森.jp編集部のスタッフ、そしてNPO法人森づくりフォーラムにも多大な協力をいただいています。

SDGsを達成するのに欠かせないパートナーシップ。
みんなで作った、みんなのための、小さな冊子が出来上がりました。

みんなでつくる 森の未来地図
SDGsハンドブック
編集・発行 :(公社) 国土緑化推進機構
編集・制作 :(有) グラム・デザイン
執筆 :大和田 瑞穂 / 高階 經啓
イラスト :山中 正大
協力 :私の森.jp / NPO 法人 森づくりフォーラム


【入手方法】
(公社)国土緑化推進機構のウェブサイトからPDFをダウンロードすることができます。
http://www.green.or.jp/about-us/sdgs/

2020/9/8追記
手元の印刷版について、皆さまにお分けできる分がなくなってしまったので、ここまでにご連絡頂いた分で一旦締め切りとさせていただきます。たくさんのお申込みをいただき、ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る
有限会社 グラム・デザイン